個人投資家の皆様へ

事業内容

当社グループは「オキソ技術」と呼ばれる製造方法をコア技術として、さまざまな産業分野に特色ある化学製品を提供し、新たな可能性を生み出すべく挑戦を続けています。

昭和45年にオキソ技術によるアルデヒドの大量生産に成功して以来、生産品目及び生産能力、安定供給体制の充実を図り、溶剤や可塑剤原料、機能性材料等の多様な製品群を国内外のユーザーに供給しうるように努めております。

「基礎化学品」「機能性材料」「電子材料」の3事業分野を柱としております。 -「基礎化学品」分野はオキソ技術で製造するアルコール群等を、日常生活や生産活動に必要な製品の原料としてさまざまな産業分野に供給する当社の基盤事業です。 -「機能性材料」「電子材料」は、「基礎化学品」分野にて培った技術やノウハウを基に、環境対応製品・機能性製品をラインナップしている当社の主力事業です。

売上高構成 売上総利益構成

基礎化学品分野

コア技術であるオキソ技術及びエステル、グリコールエーテル製造技術を通して、溶剤や可塑剤原料を日本国内ほかアジア各国の市場に供給しております。

自動車や電機、住宅等の産業分野のさまざまな用途向けに販売しております。

主要製品概要

溶剤:ブタノール、酢酸ブチル、ブチセルなど -「溶剤」は塗料、インキ、接着剤等の用途向けに販売しております。この溶剤に顔料、樹脂、添加剤を加えて作られる塗料は、自動車のボディや建物の外壁、各種缶類等に使用されております。

可塑剤原料:オクタノール、イソノニルアルコール(INA)など -可塑剤原料は、ソファや壁紙等に使われている塩化ビニル樹脂に柔軟性を与えるために添加される「可塑剤」の原料です。 -オクタノールは代表的な可塑剤DOPの原料であり、壁紙や床材、自動車部材等の用途向けに販売しております。 -イソノニルアルコール(INA)は耐熱性や電気絶縁性を持つ可塑剤DINP等の原料です。
壁材や床材の他、自動車部品や電線被覆材等の用途向けを中心に販売しております。

最終製品紹介

機能性材料分野

基礎化学品分野で培ってきた合成技術により開発された有機酸、高級アルコール、特殊ジオール、高機能性高分子材料を供給しております。

エアコン・冷蔵庫等向けの潤滑油や、自動車のフロントガラス中間膜、界面活性剤、水系塗料、化粧品、農薬、医薬品等の原材料用途向けに販売しております。

主要製品概要

イソノナン酸、オクチル酸 -成長分野である環境対応型のエアコンや冷蔵庫のコンプレッサー用潤滑油(冷凍機油)の原料です。 -オクチル酸は、自動車のフロントガラス中間膜樹脂の可塑剤原料の用途でも販売しております。

1,3-ブチレングリコール -高い保湿性を持ち、高級化粧品やスキンケア製品の原料となっております。

トリデカノール -繊維油剤等に含まれる界面活性剤の原料です。

ダイアセトンアクリルアマイド(DAAM) -国内外でのVOC*低減の動きから、水系塗料が拡がりを見せております。 -ダイアセトンアクリルアマイド(DAAM)は水系塗料の原料で、常温架橋を可能とする環境配慮型の材料です。 *VOC(Volatile Organic Compounds)=揮発性有機化合物

最終製品紹介

電子材料分野

高純度化技術、品質管理技術を融合し、日々進展する電子材料産業の製造工程に薬液を供給しています。
特に半導体や液晶基板等の用途で先端的な高機能樹脂を製造する化学メーカーに当社の高純度溶剤を販売しております。

溶剤の純度を高めることにより、半導体等の製造工程でも使用可能な品質にして販売しております。

独自の技術と多くの大手電子メーカーとのチャンネルを組み合わせることで、新製品・新技術の開発体制を構築しております。

主要製品概要

PMA-P、PM-P -液晶ディスプレイや半導体の回路形成工程で必要なフォトレジストの溶媒や洗浄剤となる「高純度溶剤」です。

最終製品紹介