Management

経営方針

株主・投資家の皆様へTop Message

化学の力

 KHネオケム株式会社は、『「化学の力」で、よりよい明日を実現する。』を企業使命とするファインケミカルメーカーです。長い歴史の中で培われた「確かな技術」によって、地球環境に優しく、人々の生活に欠かせない高機能な化学素材を産み出し、世界中に安定供給することで、着実に成長を続けております。

新型コロナウイルス感染症により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申しあげますとともに、罹患された方々の一日も早い回復と感染の早期収束を心よりお祈り申しあげます。

また、株主の皆様には、日頃よりご高配を賜り厚く御礼申しあげます。

2020年12月期第2四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年6月30日まで)の当社を取り巻く環境は、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行を背景に世界経済が急激に悪化し、個人の消費行動自粛の動きから自動車や家電等の生産・販売とも大幅に減少いたしました。当社の事業につきましても、その影響を色濃く受け、国内外の需要が大きく低迷し、前期に比べ販売数量が大幅に減少いたしました。加えて、原油・ナフサ価格が急落したことに伴い、一時的に高コストの在庫を抱える等、厳しい状況が続きました。また、隔年で実施する工場の大規模定期修繕が行われたことにより修繕費が増加いたしました。

これらの結果、当社グループの連結業績は、売上高372億45百万円(前年同期比22.7%減)、営業利益23億89百万円(同50.4%減)、経常利益24億21百万円(同52.1%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益16億93百万円(同52.2%減)と減収減益となりました。

このような状況に対し、当社グループでは引き続き新型コロナウイルス感染症の感染防止に努めつつ、将来に向けた投資等は着実に実行しながらも、適正な価格政策や徹底したコストコントロールによって、収益の確保に取り組んでまいります。

なお、2020年度の通期連結業績予想は、売上高780億円、営業利益65億円、経常利益67億円、親会社株主に帰属する当期純利益50億円と見込んでおります。

また、2020年度の中間配当金につきましては、当社の配当基本方針や財務状況を総合的に勘案し、昨年度に引き続き、1株当たり30円とさせていただきました。

当社を取り巻く環境は厳しさを増しており、急激かつ根底的な変化の時期に直面していますが、社会を支える当社の製品を安定的に供給するとともに、より透明性の高い経営を継続してまいります。

株主の皆様には、今後もより一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申しあげます。

2020年9月
代表取締役社長 橋 理夫

代表取締役社長 髙橋 理夫

代表取締役社長

髙橋 理夫