Management

経営方針

株主・投資家の皆様へTop Message

化学の力

 KHネオケム株式会社は、『「化学の力」で、よりよい明日を実現する。』を企業使命とするファインケミカルメーカーです。長い歴史の中で培われた「確かな技術」によって、地球環境に優しく、人々の生活に欠かせない高機能な化学素材を産み出し、世界中に安定供給することで、着実に成長を続けております。

株主の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申しあげます。

まず、2019年12月期第2四半期累計(2019年1月1日から6月30日まで)の連結業績につきまして、ご報告申しあげます。当中間期におきましては、社内外に起因する一時的な生産トラブルが発生したこと等により、売上高、利益とも期初に公表しました連結業績予想を下回りましたが、当中間期は大規模定期修繕の影響がなく、また、国内需要が前年に引き続き堅調に推移したこと等により、連結業績は、売上高482億円(前年同期比8.7%増)、営業利益48億15百万円(同19.9%増)、経常利益50億60百万円(同19.3%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益35億40百万円(同22.4%増)と売上高、利益とも前年同期を上回る結果となりました。

また、当社は投資活動の原資である内部留保に配慮しつつ、継続的かつ安定的に利益成長に見合った配当を行っていくこととしており、当中間期の配当金は、1株につき30円とさせていただきました。

このような中、2030年に当社グループが目指す姿として掲げた「VISION 2030」の実現に向けて、2019年度を初年度とする3ヵ年の中期経営計画「新たな挑戦」をスタートいたしました。当中期経営計画では、「新設備の稼働等による収益拡大」「機能化学品事業拡大に向けた積極投資」「ビジネス基盤の強化」の3つの戦略を推し進めることとしており、当中間期においては新設備建設の推進等、積極的な投資を行うとともに最新のプラント制御システムの導入など経営基盤の強化を図っております。今後も各種施策を着実に実行し、中期経営計画の達成、さらには「VISION 2030」の実現に向けて、積極的に取り組んでまいります。

株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申しあげます。

2019年9月
代表取締役社長 橋 理夫

代表取締役社長 髙橋 理夫

代表取締役社長

髙橋 理夫