ニュース・メディア

イソノナン酸(合成脂肪酸)製造設備を増強へ

協和発酵ケミカル(株)
イソノナン酸(合成脂肪酸)製造設備を増強へ
‐ 世界規模の年産20,000トンの製造体制へ ‐

協和発酵ケミカル(社長:吉川 實)は、合成脂肪酸の1種であるイソノナン酸の需要増加に対応するため、キョーワノイック-Nの増産の検討を開始しました。  イソノナン酸(商品名:キョーワノイック‐N)は、千葉工場の専用製造設備で製造しており、現在の年産12,000トンの生産能力を、2008年内に年産20,000トンへと増強することを目標にしています。

イソノナン酸は、代替フロン(HFC:ハイドロフルオロカーボン)に対応した空調機や冷凍機器の冷凍機油原料として、国内外での販売が拡大しています。今後も、世界的な環境保全意識の高まりから、米国及び、中国を中心としたアジア地区での需要拡大が見込まれています。

千葉工場では、1997年12月に年産5,000トンのイソノナン酸専用の製造設備の営業生産を開始して以来、2004年に7,000トン、2005年に12,000トンへと増強し、順調な生産を継続しており、現在はフル稼動状態が続いております。今回の2倍近い増強と共に、今後の需要動向にも注視し、必要に応じて更なる増強についても検討していきます。

この度の設備増強により、北東アジアマーケットを中心に高品質な製品の安定供給体制を整備し、四日市工場で製造しているオクチル酸と併せて潤滑油分野を中心に合成脂肪酸のリーディングカンパニーを目指していきます。

【協和発酵ケミカル(株)の会社概要】

本社
東京都中央区日本橋室町3-2-15 日本橋室町センタービル
TEL
03-3510-3550
資本金
53.2億円 (協和発酵工業(株)が発行済株式を100%所有)
代表者
代表取締役社長 吉川 實 (きっかわ まこと)
売上高
986億円 (平成19年3月期)

【協和発酵ケミカル(株)千葉工場の概要】

住所
千葉県市原市五井南海岸11-1
TEL
0436-23-9111
工場長
千葉県市原市五井南海岸11-1
代表者
熊本 隆志
製造品目
可塑剤原料用高級アルコール(オキソコール900、デカノール等)
機能性製品(イソノナン酸、キョーワゾールC-900等)