事業概要

  • 基礎化学品事業
  • 機能性材料事業
  • 電子材料事業

基礎化学品事業豊富な品揃えと確かな品質

当社の基礎化学品事業では、豊富な製品ラインナップを取り揃えています。製品の種類が多く、「溶剤」・「可塑剤原料」・「樹脂原料」等、用途分野は多岐にわたり、国内外の産業を支えています。また、当社の高い技術と確かな品質管理体制のもとに提供される製品は、長年たくさんのお客様の支持を頂いており、製品の多くが、トップクラスの国内シェアを有しています。

基礎化学品事業の主な製品

分野 溶剤
(塗料、インキ、シンナー、洗浄剤)
可塑剤原料 樹脂原料
主な製品
特徴 さまざまな材料をその用途に応じて溶解するために、当社では豊富な種類の「溶剤」を取り揃えています。当社の製品は建物、自動車、携帯電話の「塗装」・「接着」・「洗浄剤」等、皆様の身近で、幅色い分野に使用されています。 「可塑剤」は、素材に柔軟性を付与したり、加工性を向上させたりする添加剤であり、プラスチック製品には不可欠なものです。当社のオキソアルコールは、この「可塑剤」の原料として使用されています。 アクリル系樹脂をはじめとするさまざまな樹脂の原料として、当社製品が幅広く使用されています。

用語解説

溶剤とは?

溶剤とは、物質を溶かすために使用する液体を指します。例えば塗料などは、基本的に顔料(色材)と樹脂(塗料を固める素材)で構成されますが、これらの成分だけでは、粘度が高くなってしまい、壁などへの塗布が難しくなります。そこで、アルコールなどの「溶剤」にこれらの成分を溶かしこんで希釈すると、塗料の粘度が低くなり、塗布が簡単に行えるようになります。

可塑剤とは?

可塑剤とは、ある材料に柔軟性を与えたり、加工をしやすくするために添加する物質のことです。当社製品が使用される可塑剤は、特に、プラスチック(塩化ビニル系樹脂)を軟化させるために使用されます。