開発フロー

社会環境に即した全社的な新製品開発

KHネオケムの新製品創造は、研究開発部門、知的財産部門、製造部門、販売部門が一体となって進められます。「自社の強み」を機軸に要素技術を固め、販売部門が収集した「お客様の声」に加え、「社会要請」、及び「市場の潮流」を考慮して、研究開発部門がお客様にSolutionを提案し、製造部門と連携して新製品が作られます。
最初に「合成」「物性評価」「分析・調査」のトライアングルを通して、市場が求める機能の発現を追究し、新しい製品の創出を目指します。それらの活動から創出された製品候補を対象に、「工業化製造研究」では、スケールアップから大量生産までの工業化生産技術開発が行われます。KHネオケムは、このプロセスを遂行するのに不可欠である、さまざまなプロセス検討に対応可能なパイロット設備を有しており、開発された製品を工場で安全・安定的に生産できる体制を確立しています。

R&D体制

図