People

社員を知る

エンジニア職

北見 友朗

千葉工場 工務課 2013年入社

24時間運転を続けるプラント。
綿密なメンテナンスで、安全・安定運転を支えています。

インタビュー

入社までの経緯を教えてください。

専攻が機械電子システム工学だったので、プラントの保全や生産管理の仕事に就きたいと考えていました。工場見学で実際に仕事のイメージが出来たこと、人事担当からのこまめなフォローが決め手となり入社しました。

写真

現在はどのような仕事をされていますか。

プラントが安全・安定して運転できるようにプラント設備の保全、補修、工事などを行っています。化学プラントは2年に1度、機器を開放しての定期点検が法令によって義務付けられています。対象機器の選択から設備工事、機器の更新、付帯設備の材質改造など定期修繕でしかできない工事に関しての計画や予算を立てています。また、設備を持つ部署からの依頼を受けて、その内容を評価、積算して本社から予算を計上してもらうことも仕事の一つです。

学生時代に学んだことは仕事にどのように活きていますか。

高専の専攻科で機器の設計や材料や構造の強度、流体力学などを学んでいました。今の仕事で用いている機器の設計ソフトが、学生時代に使っていたソフトに似ているため、抵抗感なく扱うことができています。さらに高圧ガス製造保安責任者、危険物取扱者、エネルギー管理士といった入社後に取得する資格については、学生時代に学んできた内容が役立っています。

日々の仕事で大切にしていることは何ですか。

何よりも安全ですね。工場は24時間稼働しているので、日常修繕では稼働に支障が出ないように、現場に赴き、状況を確認。作業性の良い安全なスペースを確保して補修できるように計画を立てています。また、機器の開放に際しては、当社の社員および協力会社の立ち会いが必須になりますが、機器内の油やガスに接触する危険なタイミングとなるため、協力会社とは十分に意志疎通を図ることを心がけています。

写真
写真

どのようなときに仕事のやりがいを感じますか。

この仕事は、工事によってプラント設備がどんどん新しくなったり、改良されたりと目に見える形で結果が現れるため、一つの仕事が終わる度に、やりがいを感じます。なかでも、2年に1度の定期修繕は、長期間にわたって計画・準備をするので、定期修繕が終わった後に、プラントが問題なく稼働した時には、安堵すると同時に安全運転の責任の一端を担えたという大きなやりがい、達成感があります。

今後、挑戦したいことがあったら教えてください。

昨年、プラント担当からタンク担当に変わり、製品や原料を入れるタンクの保全に取り組み始めました。新たな分野であるので、知識を増やしていきたいです。また、これまでに扱ったことのない機器の更新に携わり、工場の安全運転に貢献していきたいと考えています。

学生へのメッセージ

専攻が化学系、機械・電気系にかかわらず、化学品業界で活躍しているエンジニアの方は大勢います。ですので、専攻分野にこだわる必要はないと思います。
私自身、化学が専攻ではありませんでしたが、仕事を通して化学への興味が湧きました。
専攻と異なる分野でも仕事を通じて成長していけるため、興味・関心が持てる仕事を探していくといいと思います。

写真

一日のスケジュール

06:00
起床
07:40
出社
08:00
工務課ミーティング。本日の予定について確認、調整
08:30
工事の着工許可後、工事に着手
08:40
現場立ち会い。工事段取りや報告書作成などの事務仕事
12:00
昼休み
13:00
午前に引き続き、現場立ち会い/事務仕事
16:40
製造課・協力会社・工務課で工事終了を確認
17:00〜
仕事が終わり次第退社

PROFILE

北見 友朗千葉工場 工務課 エンジニア職 2013年入社

休日の過ごし方

バイクが好きで、よくツーリングに出かけています。千葉には景色のよいツーリングロードも多く、風を感じてリフレッシュしています。長期の休暇が採れたら、北海道の雄大な自然の中を走行してみたいですね。

エントリーはこちらから