People

社員を知る

研究開発職

佐野 貴則

四日市研究所 千葉分室 2013年入社

実験研究だけに留まらない幅広い仕事。
それが新たな研究の種の発見につながっています。

インタビュー

入社までの経緯を教えてください。

有機合成を専攻していたので、化学メーカーへの就職を希望していました。同じ研究室で当社に入社した先輩から、学生時代の研究が活かせること、実験研究だけでなく幅広い仕事に携われる社風であることを聞き、自分の求めている会社像と近かったので、入社を決めました。

現在はどのような仕事を担当されていますか。

開発品の収率向上からその開発品をお客様に購入していただくまでが私たち研究職の仕事で、工業化、製品化に向けた検討も行っています。私は当社のコア技術であるオキソ反応を活用した新素材の開発を担当しています。フラスコを用いた実験からパイロット製造まで幅広いスケールでの検討を行っていますが、スケールアップの検討では、研究所だけでなく関連部署の方々とも連携して行っています。加えて文献や特許の調査による情報収集を行うことも重要ですし、合成した新製品をお客様に評価してもらったり、お客様のニーズをヒアリングしたりと自社だけに留まらず、実際のユーザーの皆様とも関わりながら仕事をすることも多いです。

写真

以前は四日市研究所にいらしたそうですが、千葉分室との違いを教えてください。

オキソガスを使用した実験設備が整っている点が、四日市研究所との大きな違いです。距離は離れていますが、日頃から情報共有を行い研究グループ間の垣根なく研究所チームとしてテーマに取り組んでいます。

写真

学生時代の研究と今ではどのように違いますか?

何といってもスケールの大きさですね。学生時代は小スケールの合成ばかりでしたが、今ではスケールアップしたことによる反応の違いなどに驚くと同時に、ワクワク感もあります。また、社内外の人との繋がりの大切さを感じています。仕事はチームで進めるので、コミュニケーションの重要性も実感しています。

どのようなときに、やりがいを感じますか。

自分たちが確立した技術で開発品が製品化されたときですね。スケールアップしたパイロットプラントでの実験は、それまでの実験とは異なる反応が出て、思わぬ課題が見つかることも少なくありません。その課題を一つひとつクリアした結果であり、いわば私たち研究者の技術の結晶ともいえるからです。また、仕事では有機合成分野だけでなく多岐にわたる知識が必要で、入社してからも多くの知識・技術力を得るために、勉強会の場などで積極的に吸収しています。まだまだ勉強中ですが、成長を感じることもでき、入社してよかったと感じています。

写真

今後、挑戦してみたいことは何ですか?

一研究者として、自分の開発した製品を一つでも多く市場に出すことです。そのためにも研究者、技術者としてのスキルアップを図るとともに、顧客からのニーズのヒアリング力を高め、市場に眠る大きな研究の種を見つけ出していきたいと思います。

学生へのメッセージ

入社してどのような仕事をしたいのか。社会とどのように関わり、貢献していきたいのか。学生時代に学んだ専門分野にこだわるのではなく、将来のなりたい自分・ありたい自分をイメージしながら、その自分に合った会社・仕事を選ぶことを大切にしてください。

写真

一日のスケジュール

06:30
起床
08:00
朝礼、メールチェック
08:30
ミーティング(実験結果の報告や今後の進行など)
10:00
実験開始
12:00
食堂を利用しての昼食
13:00
実験再開、空いた時間で調査
14:00
実験終了。反応液を分析
15:00
分析結果の解析やデータ処理
16:00
担当チームで意見を出し合い考察。翌日の実験準備など
16:40
片付けを行い帰宅

PROFILE

佐野 貴則四日市研究所 千葉分室 研究開発職 2013年入社

休日の過ごし方

最近購入した一眼レフを持ち、近くは千葉の養老渓谷、遠くは京都までと景勝地に外出しては、きれいな景色を撮影しています。

エントリーはこちらから