People

社員を知る

研究開発職

津坂 英里

四日市研究所 2014年入社

合成から物性評価までを担当できることが大きな魅力。
若手にもチャンスが与えられるやりがいある職場です。

インタビュー

入社までの経緯を教えてください。

学生時代に新しい化合物を創り出したいと感じ、有機化学を学びました。大学の研究室では合成から物性評価までを行っていたので、仕事でも同じように研究をしたいと考えていました。当社ではそれが可能だったことと、面接での親切で丁寧な対応がとても印象的で、働きやすい会社だと感じて入社を決意しました。

写真

現在はどのようなお仕事をされていますか。

入社以来、潤滑油分野での展開が期待される新規素材の開発に携わっています。得られた良好なデータをユーザーに紹介、意見交換をした後、さらに改良をして開発を進めています。少人数のグループで研究しているので、若手も責任ある仕事に携われる、やりがいのある職場です。

学生時代の研究は、どのように活かされていますか。

専門分野は異なりますが、有機合成という大きな枠組みは同じなので、合成技術や知識は仕事でも活かされています。ただ、学生時代は化合物を作り出すことだけに注力すればよかったのですが、仕事ではそうはいかないこともあります。特許を侵害していないか、市場の動向、原料の価格、製造プロセスの検証など多角的な視点での見解を求められます。そこが、仕事としての研究の難しさかもしれません。

写真

女性研究職として働くことで感じることはありますか

女性であることを意識して働くことは特にないですね。力が必要となる実験は男性社員が担当するといった配慮はしていただいています。1人の研究職として上司や同僚と共に研究に取り組んでいます。ただ、女性活躍推進法が施行されたこともあるので、女性の研究職が増えて一緒に働くことが出来れば嬉しいです。

写真

やりがいや入社してよかったと感じるのは、どのようなときですか。

会社が新商品を提供するには、私たち研究職が新たな材料を生み出すことが不可欠です。その期待こそが研究職にとってやりがいとなります。期待した特性を示す材料を創り出し、それがプラントの試作品製造へと進み、さらに製品として市場に出回ったときには、大きな達成感があります。ユーザーへの紹介で「いい材料ですね」と言っていただけたときもまた、嬉しさが感じられる瞬間です。

今後、挑戦したいことは何ですか。

やはり、自分が一から開発したものを製品として世に送り出すことです。そのためにも、研究背景、市場ニーズなどの把握にも注力し、広い視野で研究に取り組んでいきたいと思います。また、研究開発では異なる研究をしているグループもあるので、幅広い知識を得るためにも、異なる分野の研究にも挑戦したいですね。

学生へのメッセージ

私が当社への入社を決めたのは、面接で感じた会社の雰囲気です。その雰囲気は社員の方と実際に会ってみないと分かりません。化学の基礎知識があれば学生時代の専門分野が違っても、問題はありませんので、いろいろな会社を訪れ、「これから一緒に働きたい!」と感じられる会社を、ぜひ見つけてください。

写真

一日のスケジュール

06:30
起床
08:00
出社。メールと1日のスケジュールを確認
08:30
合成実験の開始
12:00
昼休み
13:00
合成実験の再開。合間に前日に合成した化合物の物性評価を行う
15:00
ミーティング。1週間の業務の振り返りと翌週の予定を確認
17:00
合成実験の続きと後片づけ
19:00
帰宅

PROFILE

津坂 英里四日市研究所 研究開発職 2014年入社

休日の過ごし方

中日ドラゴンズのファンで、大声で応援歌を歌い、気分転換しています。所属する会社のK-ON部の練習では、いきものがかりの歌を熱唱しています。

エントリーはこちらから