People

社員を知る

生産技術研究職

坂本 直紀

2012年入社

製造現場と密接に連携して成果を出す、生産技術研究。
省エネ技術導入プロジェクトでコスト削減を実現。

インタビュー

入社の決め手になったのは何ですか。

学生時代に学んだ化学の知識を活かし、化学品や医薬品メーカーへの就職を考えて就職活動をしていましたが、現場と密接に連携して、生産技術の面から成果を出す仕事に魅力を感じるようになりました。当社に生産技術研究職での募集があることを知り、これこそ自分がイメージしている仕事だと思ったのがきっかけです。また、当社製品が様々な業界で使用されており、自分が関わった製品が広く世間で使用されるということ、若手にもチャンスが与えられ大きなプロジェクトにも参加可能であることを知り、入社を決めました。

どのようなお仕事をされているのですか。

入社当初は実験室での研究を中心とした勤務でしたが、現在は、主に省エネ技術を新たに工場に導入するプロジェクトを担当しています。装置の熱エネルギー使用量を減らす最新技術について、当社のプラントでの使用の可否、適応場所、安全対策などを検討しています。プロジェクトチームは技術課、工務課、製造部門、研究所から結成され、それぞれが専門的視点から意見を交換、メーカーと打ち合わせをしながら計画を進めています。ほかに、現場でのトラブルの原因究明やプロセスの改良にも取り組み、原因が不明の場合には実験・計算によって究明しています。

写真
写真

生産技術研究職と研究開発職との違いは何ですか。

簡単にいうと、研究開発職は製品のタネを自分で発見し、育てることに注力するのに対し、生産技術研究職はそのタネを工場で製造できるようにブラッシュアップしていくことですね。例えば、研究開発のプロセスで必要となる触媒を一から考えるのが研究開発で、すでにある製品の触媒をより良いと思われるものに替える検討を行うのが生産技術の研究職です。見方を変えると、研究開発の成果を世の中に送り出すために必要な「工業化」「量産化」を支える仕事が生産技術研究になります。

学生時代はどのような分野を研究されていましたか。

大学院では新しい構造の触媒を作るための、有機合成を中心にした研究をしていました。有機合成という分野で言えば今も同じですが、扱っている触媒は学生時代と異なります。ただ、合成実験は経験がないと難しい実験なので、大学での経験は大変役立っています。

どのようなときにやりがい、入社して良かったと感じますか。

製造プロセスの改良、トラブルを解決して年間数百~数千万円ものコスト削減ができ、現場の方から感謝の声をかけてもらったときは、自分がイメージしていた仕事ができていることを実感し、入社してよかったと改めて思いましたね。また、研究面でも製品のラボ検討から工業化まで小さなスケールから大きなスケールまで幅広く研究できることに、やりがいを感じています。

写真

学生へのメッセージ

自分の専門と異なると不安を感じることもありますが、知識は仕事に取り組む中で身に付くので、化学の基礎知識をしっかりと学んでいれば十分に対応できると思います。あまり専門にこだわらず、自分がやりたいことは何かを大切にしてください。話を聞くなかで自分がやりたいことが見えてくることもあります。ぜひ、様々な会社を訪れ、自分のやりたいことができそうかどうかを見極めてください。

写真

一日のスケジュール

06:30
起床
08:00
出勤。メールチェックと予定の確認
08:30
始業。製造現場の申し送りに参加
09:30
現在進行中の省エネプロジェクトに関して、メーカーと打ち合わせ
12:00
昼休み。数人で会議室に集まって昼食。妻の手作り弁当を味わう
13:00
製造プロセスの設計に着手。シミュレーションソフトを使い計算を行う
16:00
シミュレーションの結果を報告。追加で必要なデータや実験について打ち合わせ
17:10
片づけをして帰宅

PROFILE

坂本 直紀生産技術研究職 2012年入社

休日の過ごし方

入浴やベビーカーでの散歩など、平日にはできない子どもの世話をしています。子どもと過ごす時間が、1週間の疲れを癒してくれます。

エントリーはこちらから