Policy

ポリシー

環境保安ポリシー

1.適用範囲

本ポリシーは、当社のすべての企業活動において、保安・安全および環境保全を徹底するために、当社の役員、社員、契約社員および派遣社員(以下、「全役職員等」といいます。)が、遵守すべき基本的な考え方を示すものです。

2.基本的な考え方

  • 当社は、地域社会はもとより、全役職員等の安全を確かなものとするとともに、保安事故、労働災害の防止を図ります。
  • 当社は、環境保全に貢献する各種製品の提供や環境改善活動の推進をはじめ、当社のすべての企業活動において環境保全に努めます。
  • 当社は、保安・安全および環境保全に関する法令その他の規範を遵守し、また、保安・安全および環境保全を徹底するための管理体制を構築・運用し、維持・改善します。

3.管理体制

  • 当社は、保安・安全および環境保全における最高責任者を取締役社長とし、取締役社長は、本ポリシーに基づき、保安・安全および環境保全を徹底するために、重点施策等にかかわる諮問機関として、管掌取締役を委員長とする専門委員会を設置します。
  • 取締役社長は、保安・安全および環境保全に関する体制を確実に構築し、運用するため、担当役員を配置し、保安管理および環境管理の業務執行および本社が関係事業場に対して行う査察を統括させます。
  • 当社は、国際規則および国内関係法令の遵守はもとより、規程類(規程・細則・要領)の整備を行い、保安・安全および環境保全の徹底に関する管理全般について明確なルールを示すとともに、全役職員等に対して周知徹底します。

4.RC活動の実施

当社は、本ポリシーを遵守するため、以下のレスポンシブル・ケア(以下「RC」といいます。)活動を誠実に実施いたします。

  1. 安全・安定操業の維持・向上
    当社は、常に危険源を意識し、リスクを排除して、安全で安定的な操業を維持するとともに、さらなる向上を図り、無事故・無災害を目指し、地域社会および全役職員等の安全、安心および健康の確保に努めます。
  2. 社会・環境保全への貢献
    当社は、企業活動を通じて持続可能な社会や環境の実現に向け、取り扱う化学物質や製品に関する最新の安全情報を収集し、顧客、物流関係者および全役職員等へ適正な情報を提供して、製品の開発から廃棄に至る全ての過程において保安・安全および環境負荷の低減に努めます。
  3. 地域社会への貢献
    当社は、保安・安全、環境保全および健康に関する地域社会との対話やコミュニケーション活動を通じ、地域社会と協調し、その発展に貢献します。

5.保安・安全および環境保全リテラシーの向上

当社は、関係する全役職員等に対して、保安・安全および環境保全に関する教育・訓練を継続して実施し、保安・安全および環境保全リテラシーの向上に努めます。

6.監査の実施

当社は、本ポリシーおよびこれに基づく規程類が遵守され、保安・安全および環境保全に係わる管理体制が有効に機能し、継続的改善が図られていることを検証するため、特定の事業場および部署に対して定期的に監査を実施し、また、その他の事業場および部署については、適宜監査を実施します。

7.業務委託先の管理体制強化

当社は、事業活動に関連する業務の全部または一部を委託する場合、業務委託先の適格性を十分に審査し、当社と同等以上の保安・安全および環境保全に関する管理基準を維持するよう、契約等に定めます。また、これらの管理基準が適切に維持されていることを業務委託先への定期的な監査により確認し、管理体制の維持向上に努めます。