Policy

ポリシー

調達ポリシー

私たちは、当社グループの行動原則である「コンプライアンス・コード」に基づき、事業運営を行うにあたり遵守すべき方針としての「調達ポリシー」を制定し、お取引先様からのご理解・ご協力のもと、企業の社会的責任を念頭に置き、調達活動を行います。

1.適用範囲

本ポリシーは、当社が企業活動を行う上で必要な原料・生産設備・IT・物流・その他サービスを社外より調達するにあたり、当社の役員、社員、契約社員および派遣社員(以下、「全役職員等」といいます)が遵守すべき調達に関する基本的な考え方を示すものです。

2.基本的な考え方

当社は、以下の基本方針に基づき、責任ある調達活動を行います。

公正・公平・透明性の確保

  • 公正・公平かつ透明性の高い調達活動を行います。
  • お取引先様の選定においては、公平な参入機会の提供と競争原理の視点を確保し、品質・コスト競争力・納期に加えて、技術力・企業姿勢(経営方針や人権・労働、安全・衛生、公正取引・倫理等に対する取り組み状況)等を客観的かつ総合的に評価して決定します。

コンプライアンス・機密保持

  • 社会規範、調達活動に関連する法令及びその精神、当社の社内規程類を遵守し、高い倫理観をもって誠実に行動します。
  • 個人的な利害関係・不当な便宜供与・恣意性・反社会的勢力の関与のない取引を行います。
  • お取引先様にご提供頂いた重要事項・情報については機密を保持し、適切に管理します。

環境・安全への配慮

  • 地球環境に配慮した調達を実践することで、汚染防止や環境負荷の低減に努めます。
  • 各種工事や物流などの調達活動において、労働安全衛生の維持・向上を重視し、無事故・無災害の実現を目指します。

パートナーシップの構築

  • お取引先様との相互協力、信頼関係の構築に努め、お互いの発展を目指します。

3. 管理体制

当社は、本ポリシーに基づいた調達活動に関する社内規程類を整備し、この遵守を徹底するとともに、調達担当部署を管掌・担当する役員による管理・監督等を通じて、適切な調達活動を確保します。また、今後の社会情勢や事業環境等の変化に応じて、社内規程類や組織・体制についての見直しを継続的に行います。

4. 調達ポリシーの周知および教育

  • 当社は、全役職員等に対し教育を行い、本ポリシー遵守の徹底に努めます。
  • 当社は、お取引先様に本ポリシーに関する周知、説明を随時行うなど、より一層ご理解をいただけるよう努めます。