Policy

ポリシー

品質保証ポリシー

1.適用範囲

本ポリシーは、原料調達から輸送に至る全過程において、お客様に満足し、信頼いただける品質の製商品・サービスを提供し続けていくために、当社の役員、社員、契約社員および派遣社員(以下、「全役職員等」といいます。)が、遵守すべき基本的な考え方を示すものです。

2.基本的な考え方

  • 当社は、品質保証活動に誠実に取り組み、お客様に満足し、信頼いただける製商品・サービスを提供し続けるとともに、品質保証の維持・向上に努めます。
  • 当社は、品質に関する国際規則、国内関係法令およびその他の規範を遵守し、品質保証の管理体制を構築・運用し、維持・改善します。
  • お客様等からの問合せや苦情等に対しては迅速に対応し、いただいた情報を活用して、当社が提供する製商品・サービスの向上に努めます。

3.管理体制

  • 当社は、品質保証における最高責任者を取締役社長とし、取締役社長は、本ポリシーに基づき、品質保証を維持・向上し続けていくために、重点施策等にかかる諮問機関として、管掌取締役を委員長とする専門委員会を設置します。
  • 取締役社長は、品質保証の維持・向上を図る体制を確実に構築し、運用するため、担当役員を配置し、品質保証業務の執行および関係事業場における品質保証に関わる活動や体制の監査を統括させます。
  • 当社は、品質保証にかかる規程類(規程・細則・要領)の整備を行い、品質保証に関する必要なルールを明確に示すとともに、全役職員等に対して周知徹底します。

4.品質保証リテラシーの向上

当社は、関係する全役職員等に対して、品質保証に関する教育を継続して実施し、品質保証リテラシーの向上に努めます。

5.監査の実施

当社は、本ポリシーおよびこれに基づく規程類が遵守され、品質保証に関わる活動や体制が有効に機能し、継続的改善が図られていることを検証するため、特定の事業場および部署に対しては定期的に、また、その他の事業場および部署、ならびに、原料サプライヤーおよび物流パートナーにおいても適宜監査を実施します。

6.業務委託先の管理体制強化

当社は、事業活動に関連する業務の全部または一部を委託する場合、業務委託先の適格性を十分に審査し、当社と同等以上の品質保証に関する管理基準を維持するよう、契約等に定めます。また、これらの管理基準が適切に維持されていることを業務委託先への定期的な監査により確認し、管理体制の維持向上に努めます。